治験バイトでは個人のプライバシーは守られているのか?

個人情報が外部に漏れることはない。

治験の参加者のプライバシーと人権は、法律によって厳重に守られ、個人の情報が外部に漏れることは一切ありません。

そして、治験バイトの参加に同意した場合は・・・

カルテなどの情報を厚生労働省の担当者、治験を依頼した製薬会社の担当者などが閲覧することになります。

また、治験薬の効果や副作用などの情報は、報告書として治験を依頼した会社などに、提出されることになります。

プライバシーは厳重に守られています。

その際には、名前などの情報は、番号や記号などに置き換えられ、報告書から個人が特定されることはありません。

そして、どのような場合でも、関係者には守秘義務が課せられており、プライバシーは厳重に守られています。

また、医療関係のことは、治験に限らず「守秘義務」があり、そのことで、プライベートは守られることになります。

とにかく、治験に参加した場合は、プライバシー関連の一切については、法律などにより厳重に守られているということです。

個人情報が公表されることはない。

治験に参加する人のプライバシーや権利(人権)については・・・

薬事法と厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準(GCP:Good Clinical Practice)」などの治験のルールによって、厳重に守られています。

治験の結果は資料として利用されますが、参加した人の個人情報が公表されることはありません。

また、治験を何らかの理由で、途中で拒否したとしても不利益は一切なく、そういったことのプライバシーも守られることになります。

最後に

治験が正しく行われているか確かめるために、製薬会社や厚生労働省の担当の人などが、診療録や検査データなどを確認することがあります。

しかし、その場合でも氏名や住所などの個人情報は公開されません。もちろん外部に漏れることもありません。

繰り返しになりますが、関係者以外の人には、治験に関する個人を特定できることはなく、プライバシーは厳重に法律で守られています。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧

治験
スポンサーリンク
治験バイト募集のおすすめや体験談まとめブログ