治験バイト(治験アルバイト)とは

スポンサーリンク

治験バイトとは①

治験バイトとは、正確には治験バイト(治験アルバイト)という呼び名ではなく、治験バイトは「ボランティア」という形で報酬を受け取ります。

さらに「有償」のボランティアという形で「協力費」という名の報酬を受け取ります。

なぜ治験はボランティアになるのか、それは、治験には新薬の整合性や安全性などを試すための「人体実験的な要素」が含まれます。

ですので、実験に任意で参加してもらうため「ボランティア」という形になるわけです。

治験バイトとは②

そして、人体実験に任意(好きで)参加する人はいませんので、それを有償(協力費)という形でボランティアを募集してるということです。

ただし、中には「無償」の治験ボランティアもあります。

しかし、治験には大抵の場合報酬が発生しますので、治験をボランティアだと考えることは難しく・・・・

そこで、わかりやするために「治験バイト」(治験アルバイト)といわれています。

治験には厳しい審査がある。

治験バイトは、年齢や期間や内容などの条件を満たしていて、健康な人なら誰でも申し込むことができます。

ただし、治験バイトには厳しい審査がありますので、治験に申し込むことはできても、実際に参加できるかどうかは審査の結果次第になります。

そして、治験バイトの審査に合格すると、次は事前の「説明会」が行われたり、そこには基本的に「コーディネーター」がいます。

また、説明会やコーディネーターから、詳しい治験内容の説明を受けることができますので、不安に思う場合には、参加しないという選択もできますので安心です。

治験バイトの内容

治験バイトの内容は、新薬の効果や副作用を実証するために、実際にその薬の効果を試す被験者となるバイトになります。

治験は、新薬が厚生労働省に認可されるための最終的な臨床試験になりますので、実施にあたり国は厳しいルールを定めています。

また、まだ認可されてない薬を試す仕事になり、比較的高い収入を得られるバイトとしても知られ人気があります。

最後に

治験バイトは、薬の効果などを試す試験になりますので、人体に対する危険を伴う可能性がありますので、確実に安全だとはいい切れません。

ですので、治験バイトをするときには、どんなに安全だといわれても、人体に危険があるかもしれないということを、事前に了承する必要があると思います。

そして、人体に危険が伴う可能性があるので、収入としても比較的高くなるということを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました