治験バイトは基本「無料」で参加することができます。

スポンサーリンク

治験バイトは無料です。

治験バイトを受けるには、有料だと思われる方がいるかもしれませんが、基本的に全て「無料」で参加することができます。

ただし、治験バイトを行う病院などまでの「交通費」は「自己負担」になります。

もっと詳しく書くと、治験バイト終了後の報酬に、交通費などが含まれることがほとんどですので「前払い」という形になります。

また、事前に提出する健康診断の結果(受診)表なども、治験バイトの種類にもよりますが、大抵の場合は自己負担になります。

ですので、交通費や診察(診療)代など、事前に貰える治験バイトも稀(まれ)にありますが、交通費などは自己負担になります。

交通費などは自己負担になります。

ただし、交通費などが自己負担といっても、上記にも書いたように、治験バイトを受けた際には「報酬」が支払われます。

ですので、自己負担だといっても、交通費などは後から回収することができます。

例えば、交通費などの自己負担の総額が「1万」だとして、治験バイトの期間が「1週間」で、報酬が「1日1万」なら・・・

・治験の報酬「1日1万×1週間(7日)=7万」
・交通費など「7万-1万(自己負担分)=6万」

最終的に上記の「6万」が、純粋な治験バイトの報酬ということになります。

有料の治験バイトには注意!

私は受けたことがないのですが、中には「有料」の治験バイトがあるそうです。

その詳しい内容は、ある程度高額な治験バイトを紹介する代わりに、紹介代として事前にお金を払うシステムだそうです。

真偽は不明ですが、ネットで検索したところ、そういった治験バイトもあるとのこです。

しかし、私は今まで有料の治験バイトなど聞いたことがなく、噂レベルのことだと思いますので、仮に有料の治験バイトがれば、疑ってかかるのが無難だと思います。

最後に

上記に、交通費などの経費は「自己負担」(前払い)で、治験バイトの報酬に含まれることがほとんどだと書きました。

そこで、治験バイトを受けるにも遠い場所に行けば、当然交通費が高くなります。

そして場合によっては、治験バイトを受けても割に合わない場合もありますので、治験バイトを受けるにも、その辺を上手く調整する必要があります。

とにかく、治験バイトは報酬が高いからといっても、その報酬には、交通費や診察代などの事前に払う経費が含まれてることを、事前に理解しておいた方が良いと思います。