治験バイトで健康被害が生じた場合の対応について

スポンサーリンク

治験の健康被害について

治験バイトに参加したことで、何らかしらの「健康被害」を受けた場合には、適切な治療などを受けることができます。

健康被害とは、例えば治験バイトを受けたことで、お腹の調子が悪くなった。頭痛が頻繁に起こるようになった。などのことです。

そして、必要に応じて補償などを受けることができます。

ただし、治験者側の故意または重大な過失による健康被害の場合には、補償を受けられない場合がほとんどです。

また、健康被害を受けたと言っても、治験とは何ら関係性がない場合も、上記と同様に補償を受けることはできません。

健康被害の補償について

健康被害の補償については、治験バイトの種類などにより異なります。

そこで、そのときに行った治験の医師や病院、治験コーディネーターなどに、詳細を確認することが必要になります。

そして、治験の補償とは、治験依頼者(製薬企業)あるいは医療機関などが、法令違反や落ち度がなくても・・・

治験によって生じた不利益(健康被害)が、補償対象と判断された場合には、治験依頼者(製薬企業)などが、相応の対価を補償することを言います。

その補償の内容は、一般に「医療費」「医療手当」「補償金」のことを言います。

治験バイトの保険について

補償の内容の詳細は、医療費、医療手当、補償金などがあります。

そして、補償金については、原則として「医薬品副作用被害救済制度」の給付金に準じることが多くなります。

また、医薬品メーカーは、一般に賠償責任保険に加入している、保険会社のオプションとして治験保険に加入しています。

さらに、日本医師会治験促進センターが支援している、医師主導治験も治験保険に加入しています。

そこで、保険会社などから補償金が支払われることになりますので、健康被害を受けた場合には、補償金が払われないということはありません。

治験バイトは確実に安全とは限らない。

その点で、治験バイトを受けるには、安心して受けられるというのがあると思います。

しかし、補償云々の前に健康被害に合わないことが、治験バイトを受ける際には、大前提になると思います。

とはいえ、治験が安全であることを事前に確認していても、治験も「試験」であることに変わりありません。

ですので、治験は確実に安全だとは言えない部分があり、場合によっては、健康被害を受ける可能性があります。

そのことを事前に頭に入れて、治験バイトを受ける必要があると思います。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧