治験バイトに参加するデメリットについて

スポンサーリンク

治験バイトのデメリット

治験バイトに参加するにも、メリットもあればデメリットもあると思います。

そして、治験バイトに参加するメリットについては、以前の記事で紹介しましたので、以下のURLを参照して下さい。

参考URL:治験バイトに参加するメリットについて

そこで、以下に治験バイトのデメリットの一例などを紹介したいと思います。

治験バイトのデメリット一例①

・説明された以外の副作用が出る可能性がある。

・承認されてない薬を飲んでいるかもしれないという不安がある。

・採血や検査、来院回数が増えて、多く時間が掛かる場合がある。

・薬の服薬状況や体の状態などを記録(日記)しなければならない場合がある。

・薬、運動、食事など、制限が掛かる場合がある。

・定期的に治験を行っている病院に通う必要がある。

報酬だけで治験バイトを選ぶのはダメ

治験バイトには、上記のようなデメリットがある場合もあります。

それは、あくまでも可能性の問題であって、治験バイトは安全に治験が受けられるよう考慮されています。

そこで、治験バイトに参加するには、報酬のことだけを考えるのでなく・・・

メリットやデメリットを含めた、慎重な判断が必要になると思います。

そして、治験バイトのデメリットは上記だけではなく、他にもありますので、以下にその一例を紹介したいと思います。

治験バイトのデメリット一例②

・報酬が高額になればなるほど、大きなリスクを伴う可能性がある。

・報酬の額によっては、副作用が強かったり長期入院を伴う。

・通院治療中の場合には、医療機関を変更しなければならない場合がある。

・プラセボ薬(治験に関係ない薬)で、服用が出る可能性がある。

・治験薬の有効性を正しく調べのに、服用中の薬をやめなければならない場合がある。

最後に

治験バイトには、上記に書いたようなデメリットがある場合もあります。

そして、治験バイトに参加するかどうかは、あくまでも参加する本人の自由意思です。

そこで、治験バイトを受けるには、メリットやデメリットを充分に検討して・・・

後になって「参加しなければ良かった」とか「参加して失敗した」など、悔やむことがないようにすことが重要になります。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧

タイトルとURLをコピーしました