治験バイトは本当に危険なのか?

スポンサーリンク

治験は危険?

治験バイトは「治験」の名から、医学的なことや医療的なことなどをしますので、想像だけで危険だと思われがちだと思いおます。

しかし、治験は基本的に危険だということはありません。

なぜ治験は危険ではないのか、それは、治験を行う前に動物実験などを何度も繰り返し行い、人体に影響がないとわかった時点で治験を行うからです。

ですので、治験の危険性はかなり低いといえると思います。

治験だけが危険ではない。

また、治験を行う前に「前臨床試験」という、毒性試験や安全性薬理試験などで十分に安全性を確認した後に治験を行います。

そのことからも、治験の危険性はかなり低いといえると思います。

もちろん、治験が確実に安全だとはいい切れないと思いますが、それをいうのであれば、どんなアルバイトにも危険は付きものだと思います。

例えば、配送のアルバイトをすれば、配送途中で交通事故を起こしたり、逆に交通事故に巻き込まれたりする危険があると思います。

また工場なら、荷物を落としてその荷物に手や足を挟まれたり、機械に巻き込まれたりなどする危険もあると思います。

それは、治験のアルバイトでも一般的なアルバイトでも、多かれ少なかれどんな仕事にも危険があるということです。

治験には事前説明があります。

だからといって、治験が危険でいいのかといわれれば、決してそのようなことはなく、治験を受けることでのリスクを最小限にする努力は常に行われています。

その一例として治験を始める前には、必ず治験の内容の事前説明だったり、不安だと思えばコーディネーターに相談することもできます。

そして、その治験が危険だと思えば、治験を受けない選択もできますので、治験の内容や説明をよく理解した上で、治験を受ける受けないを決める必要ことができます。

治験はあくまでも「任意」で強制ではありませんので、その点からも安心だといえると思います。

治験のリスクについて

治験バイトを受ける一番のリスクは「副作用」になると思います。

それは、治験バイトをしたことで実際に副作用は起きていて、それが数多くの報告がされているからです。

例えば、ある薬を飲む治験を受けたあとに、その薬が体に合わなかったのか、胃の調子が悪くなってしまったという人がいます。

そして、重大な副作用があるかもしれないと不安になってしまい、そのことで不眠症になってしまい、まともに寝れなくなってしまったなどの報告があります。

どんな仕事のノーリスクはない。

ただし上記にも書いたように、アルバイトも含め仕事と名の付くものには、多かれ少なかれ危険は付きもだと思います。

そして、治験バイトもある意味仕事ですので、そういった意味では、多かれ少なかれ危険があるということです。

また、世間一般に治験バイトは、楽だとか簡単とか稼げるなどといわれていますが・・・

しかし、治験はそういった仕事だからこそ、治験の危険性を十分に理解した上で、治験を受ける受けないを判断する必要があると思います。

治験治験について
スポンサーリンク
治験バイト募集のおすすめや体験談まとめブログ