治験バイトとはどんな内容のバイト(ボランティア)なのか?

通院の治験バイト①

まず、通院の治験バイトは、単発もしくは中期もしくは半年程度の長期に渡り、指定の薬を飲むなどの内容になります。

単発の場合は、1日または数日で終わり、報酬もその場で支払われることが多いと思います。

また単発以外では、例えば毎日指定の薬を毎日飲み続けて、指定日だけ病院に行き、いろいろな検査をするといった内容です。

それが、数週間だったり数ヵ月続き、また薬を飲む以外にも、毎日の体調をレポートに書いて提出するなどのこもとあります。

通院の治験バイト②

そして、通院の治験バイトは、入院に比べ制約は少ないなですが、それでも治験中はいろいろな制約を受けることになります。

例えば、決められた日時の通院、問診、採血、それ以外にも、自宅での食事制限や運動制限などがある場合もあります。

そして、治験中は上記のような制限を受けることになりますが、普通に生活している分には特に問題ないと思います。

また、それほど難しい制約を受けることはないと思いますので、治験中の制約については必ず守りましょう。

入院の治験バイト①

入院して、薬の投与や検査を受ける治験バイトについては、医師や病院などに管理されることになります。

ですので、治験バイトをするにあたり体調面などで、特に心配する必要はないと思います。

その内容は、問診、薬の投与、採血、時間管理された食事、自由時間の制限、運動制限などになります。

そして、そのような制限を受けることになりますが、全て医師や病院が管理してくれますので、基本的にその指示に従うだけで大丈夫です。

入院の治験バイト②

入院の場合は、病院(検査所)には、新聞、雑誌、漫画などの娯楽品が用意されていますので、退屈することはないそうです。

また、持ち込みも基本的に可能で、自分の好きな本や雑誌などを持ち込んだり、ネットが可能な場合もありますので、PCを持ち込めば退屈することもありません。

そして、治験中の過ごし方は人それぞれで、寝ている人、漫画を読んでいる人、勉強をしている人など、過ごし方は様々とのことです。

とにかく、薬を飲んだり検査するなどの時間以外は、基本的にフリーとのことです。

最後に

通院の場合も入院の場合も、基本的に薬を飲んだり採血したりするだけですので、治験バイトを受けるにあたり、不安に思うことはないと思います。

また治験中は、何かと制約を受けたりで面倒なことがあると思いますが、治験バイトそのものが難しいということはないと思います。

治験バイトは、通院にしろ入院にしろ基本的に報酬が高いので、ガッチリ稼ぎたいという人に向くバイトになると思います。

ただし、治験バイトのほとんどは、日時不明で不特定の募集になりますので、こまめな情報のチェックが必要になります。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧