治験バイトは誰でも受けれるというわけではありません。

スポンサーリンク

治験バイトは誰でも受けれるのか?

治験バイトは、誰でも受けれるというわけではありません。

それは、治験バイトの種類にもよりますが、入院などが必要になる、比較的大がかりな治験バイトになる場合には・・・

事前に健康診断を受けることが多いので、健康診断で引っ掛かってしまうと、治験バイトを受けられないということになります。

また、20歳以上とか60歳以下とか、年齢制限がある場合も多いので、その年齢に合わない人は、治験バイトを受けることはできません。

それ以外にも、現在治療中の病気などがあると、治験バイトを受けられない場合もあります。

治験バイトが受けれない例

治験バイトが受けられない例としては、例えば「花粉症」の薬の治験バイトの場合、花粉症でなければ、治験バイトを受けることはできません。

それは、花粉症の薬の治験ですので、花粉症でない人が薬を飲んで、その後の効果を試してみても意味がないからです。

それ以外では、タバコを吸う人はNGとか、虫歯がある場合はダメとか、目薬を定期的に使用している場合など・・・

治験バイトを受けるにはいろいろな制限があり、制限の項目は様々ですので、自分がその項目に当てはまらないか、事前の確認が必要になります。

不正はバレます。

上記のようなことがあると、治験バイトを受けられないということになります。しかし、中には嘘を付いて、治験バイトに参加する人もいます。

また、治験バイトの内容によっては、治験の期間を1~4か月開けないと、次の治験バイトに参加することができないという治験もあります。

そのようなことを黙って治験バイトに参加しようとすると、過去の治験データから必ずバレてしまいます。

ですので、いくら治験バイトを受けたいと思っても、そのような不正は絶対にせず、必ず注意事項を確認してから治験バイトを受けなければなりません。

タバコを吸う人は不利

また、タバコを吸っている人は、治験バイトを受けられる数が少なくなります。

ですので、タバコを吸う人は、治験バイトでは不利になり、逆にタバコを吸わない人は、治験バイトでは有利になります。

ただし、治験バイト前にタバコを止めたり、タバコが可能な治験バイトもありますので、その辺はその都度調べるか、主催者側に聞くしかありません。

それ以外にも、体調不良であったり、過去の治験バイトで不正をしていたなどの場合は、治験バイトを受けられなくなる可能性が高くなります。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧