治験バイト終了後についてのあれこれ

スポンサーリンク

治験バイトの報酬について

治験バイトが終了すると、治験バイトをした日数に応じて、治験バイトの報酬を受け取ることになります。

1日(当日のみ)や数日の「短期」の治験バイトの場合には、比較的早く報酬を受け取とれることが多いです。

それは、1日のみの治験バイトの場合には、治験バイトが終了した直後に、その場で手渡しで報酬を受け取ることが多いです。

ただし、10日や数週間以上の中長期の治験バイトの場合には、報酬額が大きくなりますので、すぐに報酬を受け取ることができない場合もあります。

その場合には、後日銀行振込になることが多いようで、通常は数日から1週間後ぐらいで振込みされるそうです。

長期の治験バイトは連続で出来ない

一度長期の治験バイトに参加すると、その後すぐ長期の治験バイトには参加できません。

長期というのは、一概に〇〇日と日数をいうことはできませんが、概ね1ヵ月以上の治験バイトを差して長期ということが多いそうです。

そして、長期の治験バイトの場合には、治験終了後に一定期間(1~4ヵ月)空けてからでないと、他の治験バイトに参加できない決まりになっています。

その理由は、治験バイト後の体の様子を見るためだったり、その治験バイトで使っていた薬が抜けるまでの期間を置くためなどが理由です。

また、治験バイトを2つ3つと同時にする「掛け持ち」するなども、基本的に治験バイトでは禁止になっています。

治験バイト後の体調不良

治験バイト終了後に、稀ですが体調不良なってしまう人もいるそうです。

その内容は「頭痛になった」「胃が重たい感じがする」「吐き気がする」などのことがあるそうです。それは、治験バイトによる副作用かもしれません。

そういった場合には、治験バイトを行った機関で治験バイト後の連絡先を事前に教えていますので、そこに相談されると良いと思います。

ちなみに、私は今まで何度か治験バイトを受けていますが、体の調子が悪いなどの体調不良になったことは、今まで一度もありません。

最後に

それ以外にも、治験バイト終了に何か不安なことがあれば、上記にも書いたように、治験バイトを行った機関に連絡すれば相談に乗ってくれると思います。

治験バイトを受けるには、何かと不安があると思います。それは、治験バイトは危険ではないのか、体に悪影響はないか、副作用は起きないかなどのことです。

そこで、治験バイトは任意で受けるものですので、事前に詳しく治験バイトに関する説明を聞く必要があると思います。

また、治験バイトの内容を事前に理解して、治験バイトを受けないという選択もありますので、治験バイトを受けるには、自己防衛も大切になると思います。

治験バイト情報治験バイトの情報を知りたい人の情報サイト一覧